虹の親の楽得ライフ

FP2級のにじ父と元保険会社社員のにじ母がマイルやポイントサイト、日常のお得なことなどを色々と探求・実践している様子を報告していくブログです

はしごファンくる 秋葉原編

f:id:nijihaha:20160911221537p:plain

アメックスを巡って色々ありましたが、気分を切り替えて、陸マイラーとしての原点回帰のファンくるモニター案件レポートです。

昨日は家族で秋葉原にちょっと用事があったので、ついでに何かモニターがないかなと数日前に調べていたら、17時以降という条件のものが2件ほどありました。

1店は名古屋フード系居酒屋で、50%還元の上限3000円。

もう1店は日本料理系居酒屋で40%還元の上限5000円。

 

さあどちらを選ぼうかな~。子供たちには名古屋系の方が入りやすいし、ビール飲むにはこっちだろうけど上限が低いし。

日本料理系居酒屋だと、美味しそうだけど、高くつきそうだし、子供が行く雰囲気じゃないし。うーんどうしよう。で子供たちにどっちがいいか尋ねると、「どっちも」の声。

そうか、どっちも行けばいいんだ。かしこいよ、君たち。何だか綾瀬はるかさんのCMでこんなのがあったような?)

 

というわけでどちらも申し込んでみました。

f:id:nijihaha:20160911220942p:plain

f:id:nijihaha:20160911220959p:plain

で、用事を終えてまず向かったのが、名古屋系居酒屋「世界の〇ちゃん」。渡部ではないですよ。そういえば、アメトークの世界の小沢(セカオザ)の話も面白かったですが、それはまた別の話。

 

名古屋名物の手羽からやどて煮などを頼み、2店目であまり頼まないで済むように、そこそこ食べました。ただ正直なところ味・サービスとも、数年前に名古屋に旅行に行ったときに比べ今一つでした。

それとファンくるからの指令に手品を注文してくださいというのがありました。「えっ、手品って何?」って感じです。外国人の店員さんに話してみましたが苦笑して、日本人のスタッフさんを連れてきました。どうやらオーダーがあると簡単なマジックを見せてくれるそう。カードマジックをやってくれましたが、意外と楽しかったです。

 

その次は日本料理系居酒屋の「き〇〇ぎ」。

子連れで短時間でかまわないので入れないかどうか尋ねると、「子連れのお客様には姉妹店がいいと思いますのでよろしかったらご案内します。」とのこと。

モニターなんでそういう訳にもいかないんです、とは言えず「では結構です。」と言ってすごすご階段を上って引き返していたところ、後を追ってこられて、「喫煙されている方の隣でもよろしければ。なるべく影響の少なそうな席をご用意いたします」とのこと。ご厚意に甘えて案内されたのが一番奥の席。ありがたいです。

こちらの店の特徴は日本酒の品ぞろえが多く、NHS47(日本酒フォーティーセブン)といって、47都道府県のお酒(一部ないのもありましたが)を小グラスなら一杯360円で提供しているということです。

これだと色んなお酒が楽しめてうれしいです。

私は芳醇旨口系のお酒を、にじ父は色物系?といっては失礼ですが、変わり種を行ってました。(三井の寿ってスラムダンクの関係ということらしいですが、私はよくわかりませんでした。)

f:id:nijihaha:20160911215459j:plain  f:id:nijihaha:20160911215523j:plain

料理は珍味三点盛りの塩ウニや店内〆のサバがおいしく、とてもいいお店でした。子供たちもポケとるをやらせていたので、静かにしてくれて、久しぶりに日本酒でおいしい料理を楽しめました。

f:id:nijihaha:20160911215609j:plain f:id:nijihaha:20160911215626j:plain

1店目の会計はほぼ6000円で50%の3000円分のポイントを、2店目は7600円ほどで40%の3000円分のポイントを、計13600円利用で6000円分のポイントで、44%分ポイントゲットです。

このはしごファンくる、1店だと自己負担が結構発生する居酒屋さんでのモニターの裏技という感じでなかなか良かったです。ただ都心部でもなければこんなに都合よく2店もないので、なかなか難しいですが。

2店目のアンケートは夕方答えたばかりなのに、もうポイントが加算されていました。さすがファンくるさん仕事が早い。

 

ファンくるのモニターに興味がある方は、ぜひこちらからどうぞ。