虹の親の楽得ライフ

FP2級のにじ父と元保険会社社員のにじ母がマイルやポイントサイト、日常のお得なことなどを色々と探求・実践している様子を報告していくブログです

2019年GWのANA国際線特典航空券確保は時期がよかっただけ? 同一日程でもっとお得に購入可能な通常航空券を選ばなかった訳とは?

f:id:nijihaha:20180515214056j:plain

来年2019年のゴールデンウィーク、何とか連休前半の台北への特典航空券を押さえることができ、調子に乗ってコツなどという記事を書きましたが、これはどうやら時期がよかっただけだからかもしれません。

復路便の変更予約は?

というのも、我が家の本命スケジュールは復路の航空券が確保できた次の日の便。
ということで、朝9時前から便の変更をしようと試みましたが、まったく受け付けられずに終了しました。
翌日も試してみましたがやっぱり、見慣れた検索画面からの~

f:id:nijihaha:20180515215304p:plain

「ご指定の検索内容に合うものがありませんでした。条件を変更して再度検索してください。」の表示でした。

f:id:nijihaha:20180515215348p:plain

日の並び的には後半の方がよかったためか、一瞬も候補便が表示されることなく終了です。

うーん、もうすぐ始まるJALの特典航空券争奪戦にも参戦してみようかとちょっと悩んでいます。

 

通常の国際線航空券は?

ところで、こんな特典航空券争奪戦を横目に、通常の国際線航空券の販売も開始されていまして、今回我が家が獲得したのと同じ旅程の場合でもすぐに購入することができます。

支払いは、運賃147,000円、税金・料金等が36,560円で、合計183,560円です。

f:id:nijihaha:20180515215911p:plain

この旅程に対して、以下のとおり一人あたり1,330マイルが積算されますので、4人で5,320マイルバックということになります。

f:id:nijihaha:20180515220102p:plain

スカイコインでの支払いの場合の必要マイル数と諸費用

ちなみにこの183,560円は現金ではなく、マイルをスカイコインに交換して支払うこともできます。

我が家の場合はゴールドカードを所有していますので、マイルを1.6倍でスカイコインに交換することができます。f:id:nijihaha:20180515220306p:plain10,000マイル以上の交換は10,000マイル単位ということになりますので、110,000マイル(176,000コイン)と7,560円の支払いとなります。
これで先ほどのとおり5,320マイル戻ってきますので、
実質は104,680マイル+7,560円となります。

 

特典航空券にかかるマイルと諸費用

ところで特典航空券にかかるマイルと料金を見てみましょう。

はい、こちら。 92,000マイルと38,600円です。

f:id:nijihaha:20180515221412p:plain

うーん、これだけでは比較しづらいですね。
では実際には特典航空券の諸費用にはスカイコインは充当できませんが、便宜的にスカイコインを利用できるとして計算してみましょう。

 f:id:nijihaha:20180515223837p:plain

諸費用は38,600円ですので、20,000マイル(32,000コイン)+6,600円となります。これに92,000マイルを足すと、
112,000マイル+6,600円となります。

 

あれ、通常の航空券の実質負担が104,680マイル+7,560円でしたので、特典航空券の方が高い??

「それなら特典航空券なんて取る必要ないじゃん」という声もどこからか聞こえて来そうです…。

そうなんです。実はゴールデンウィークや夏休みといえども、エコノミー利用でかなり早い時期に、少し旅行先や日程を選べば、特典航空券よりも通常購入する方が安い場合もあるんです。

実際そのように判断してベトナム旅行の際にはスカイコインで航空券を購入しました。

 

それでも特典航空券を取りたい訳

我が家の場合、これはもうキャンセルする可能性があるかないかに尽きます。
というのも今回の日程は、ゴールデンウィークが10連休になる可能性があるという憶測によるものです。
したがって、もし5月1日が祝日でなく休日になってしまい、その前後の4月30日、5月2日が休日とならなかったら、子供を学校に行かせるために旅行をキャンセルしなければなりません。

この際のキャンセル料が、特典航空券と通常の(安い)航空券とでは大きく違うのです。

特典航空券のキャンセル料

払戻手数料マイルは1名につき3,000マイル、4名だと12,000マイルとなります。また期間内なら予約の変更も可能です。
(希望の日程に変更なんてほとんど無理っぽいですが。)

f:id:nijihaha:20180515224708p:plain

通常航空券のキャンセル料

そしてこちらがvalueという予約クラスの特典航空券です。
なんと手数料は1名あたり20,000円、4名分だと80,000円になってしまいます。しかも予約変更も不可ですので、何かあったら苦渋の選択を強いられることになりそうです。

 f:id:nijihaha:20180515225637p:plain 

 f:id:nijihaha:20180515225645p:plain

 

 

まとめ

ということで、1年後の予定が不明とか、お子さんが小さくて直前に体調を崩す可能性があるといった場合には、ひとまず特典航空券を押さえておく方が無難です。(ただし夏休みはともかくゴールデンウィークは至難の技というのがよくわかりました。)

それからビジネスクラス以上の航空券をお取りになりたい場合には通常購入に比べてマイルの方が圧倒的にお得になります。

我が家の場合は「質よりも量」、エコノミーでかまわないから何度も行きたい派なので、当分ビジネスクラス以上を使う気はありませんが…。 

 

関連記事