読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹の親の楽得ライフ

FP2級のにじ父と元保険会社社員のにじ母がマイルやポイントサイト、日常のお得なことなどを色々と探求・実践している様子を報告していくブログです

Androidデバイスマネージャーがすごい! EPARK iwauで食事を堪能からのスマホ紛失で実感! みまもりにも有効?

f:id:nijihaha:20170423215721j:plain

にじ父です。
昨夜は「EPARK iwau」の新入園・新入学キャンペーンでおいしい食事を堪能したのも一転、帰宅後に妻のスマホが見つからないという緊迫の事態になりました。

EPARK iwauの新入園・新入学キャンペーンとは? 

こちらはマッサージでも嬉しいキャンペーンを行ってくれているEPARKが展開している、飲食店のお祝い事や記念日のプランを探して予約できるポータルサイト「iwau」で実施中のキャンペーンです。

f:id:nijihaha:20170423203028p:plain

キャンペーンは入園、入学のお祝いとしてサイトから予約して食事をし、必須項目を入力して申請すると飲食代10,000円がキャッシュバックされるというものです。

f:id:nijihaha:20170423204236p:plain

とはいえ、我が家は今年2年生と年長さんなので関係ないやと思っていましたが、その後もう一度訪れてみると、キャンペーン概要に「進学や進級のお祝いとして」という言葉が加わっていました。進学や進級なら大抵の子育て家庭にあてはまりますよね。

f:id:nijihaha:20170423204305p:plain

ということで早速お店を予約し、10,840円の食事をして申請をしました。

f:id:nijihaha:20170423215927p:plain
これで申請が認められれば10,000円キャッシュバックで、実質840円でおいしい食事をいただけたことになります。ありがたいですね~。

 

スマホ紛失 

そんな楽しい気分を吹き飛ばす事態に気づいたのは23時過ぎ。妻が自分のスマホがないことに気づきました。食事をしたお店は数駅先で、帰りの電車に乗るときはモバイルSuicaを利用していたので、なくなったのは最寄駅から自宅までの間。途中スーパーとドラッグストアに寄っています。ただ時間が時間なのでどちらも閉店していました。とりあえず駅まで歩いて戻ってみましたが途中には落ちておらず、駅員さんに聞いても忘れ物はないとのこと。妻ともども悪用されたらどうしようとかなり不安な気分のまま眠りにつくことになりました。

 

Androidデバイスマネージャーのすごさ

端末検索と遠隔ロック・データ消去

今朝になって、お店が開いたら連絡するとして、何か手はないものかとネットで検索してみたところ、GoogleのAndroidデバイスマネージャーが利用できそうだとわかりました。

こちらはGoogleアカウントと関連付けられているAndroid搭載端末を見つけることができ、悪用を防ぐため、端末の画面ロックPINをリセットしたり、端末内のデータをすべて消去することができるということです。

そこで検索してみたところ、こんな感じの画面が出てきました。

f:id:nijihaha:20170423211357p:plain

誤差は60m以内と書かれていましたが、円の中心点はスーパーのサービスカウンターの場所。すごい精度だなと驚きです。
開店前にお店に電話して確認したところ、お店の外のカートの所に落ちていたということで、保管いただいており、晴れて妻の手元にスマホが帰ってきました。 

 

海外での迷子防止に

そしてふと考えたのが、この機能を使えば海外で子供が迷子になっても何とかなるんじゃないかということ。mamorioだとか、キッズケータイでどうにかならないかなと考えていましたが、この機能を利用して次のようにすれば解決するような気がしました。

 

①できるだけ小さいスマホ(子スマホ)を用意する

こんなスマホ(Micro X S240)はどうでしょう。

②現地でsimを調達して子スマホに挿入し、子供の持ち物に入れておき、親スマホは子スマホをアクセスポイントとしてテザリングで利用

例えばベトナムだと、こちらのMobifoneなどを利用します。

Trang chủ Mobifone Portal

子スマホが常にGPSを受信している必要があるので、このような形がいいのかなと思います。子供が離れたら親はフリーWi-Fiを利用すれば探せるはずですし。

そもそも海外での迷子を心配し過ぎなのかもしれないんですが、何かあってからでは遅いので色々検討中です。(今回のベトナムには間に合わないですけどね。)

 

妻のスマホ紛失のおかげで、実現性はともかく面白い機能に気づけてよかったです。

 

関連記事

 

こちらに参加していますのでポチッと押していただけると嬉しいです。