虹の親の楽得ライフ

FP2級のにじ父と元保険会社社員のにじ母がマイルやポイントサイト、日常のお得なことなどを色々と探求・実践している様子を報告していくブログです

クーポンサイトやポイントサイトで割引過多の企業は要注意? 東京商工リサーチの「破綻の構図」より

f:id:nijihaha:20171031233256p:plain

にじ父です。

「KENNEDY」と聞いて皆さんはどんなお店かわかりますか?

すぐにステーキハウスだと思ったあなたはひょっとしたらクーポンサイト中毒かも。

本日のYahoo!ニュースに東京商工リサーチさん発行の「TSR情報全国版」2017年10月31日号に掲載された「破綻の構図」と「Weekly Topics」を再編集した記事が載っていました。

  

「破綻の構図」記事の要約

10月2日、都内を中心にステーキ&カフェ「KENNEDY(ケネディ)」などを展開していた(株)ステークスが東京地裁に破産を申請、同日、破産開始決定を受けました。負債総額は14億3700万円だったそうです。

急激な業容拡大と成長鈍化

ステークスは1998年1月に現社長の父、兄らが中心となってステーキレストランを開業した家族経営の「街のレストラン」。アメリカンスタイルで気軽にステーキを楽しめるケネディはすぐに顧客の心を掴み、矢継ぎ早に出店。2005年に現社長が就任して以降はペースを加速、1号店の開業から約10年で都内中心に店舗数は約40店舗にまで伸びました。

しかし2013年12月に「いきなりステーキ」が銀座に1号店を開店した後の2014年12月期を境に同社の成長曲線は急速に下降しました。

値引きキャンペーン

劣勢を強いられ、顧客呼び戻し策として同社がとった戦略が値引きキャンペーン。2割、3割引は当たり前で、時には半額キャンペーンを打つこともありました。店舗の近隣地でドリンク無料などクーポン付きのチラシを配布したほか、クーポンサイトにも積極的に掲載し、値引きを全面的に押し出して集客を図りました。

※にじ父註
確かにこのようにグルーポンにも何度か掲載されていました。
2,000円以上のステーキ1枚につき1,000円分使用可能な5,000円分のクーポンが1,000円で売られていて、最大割引はちょうど10,000円分のステーキを食べて5,000円割引適用となったときで、4割引き相当になります。
実際はこんなにピッタリにはなりませんが、クーポンサイトへの出稿料などもありますので、概ねそのくらいは広告宣伝費で使っていたということになります。

f:id:nijihaha:20171031223725p:plain 

 

顧客心理の変化(負のスパイラル) 

ただ度重なる値引きの繰り返しで顧客の心理に変化が生まれました。
「ケネディにはキャンペーン中か、クーポン券を持っている時だけ行こう」と。
 値引きが当たり前になればお得感が薄れて、そのうち定価販売を「割高」に感じるようになります。過度のキャンペーンが顧客離れと利益率の低下という悪循環を招く皮肉な結果となりました。

その後、値引きを止めてメニューの大幅刷新で対応しようと方針転換しましたが、時すでに遅く。一度離れてしまった顧客が戻ることはなかったそうです。

※にじ父註
ミスタードーナツも「ドーナツ100円」キャンペーン以外の時期に買うと損だと顧客に不満が募り、結局キャンペーンは打ち切り、定番商品の常時値下げに舵を切りました。結果的にこれが奏功したようですね。最近はマクドナルドも安売りからうまく抜け出せたのかもしれません。

  

陸マイラーとして感じたこと

このステークスの倒産から私が感じたことはこちら。

「高額ポイント還元の案件に一気に大金を投じない」

今回のケネディの場合、大量にクーポンを購入して使いきっていないという人もそんなにいらっしゃらないでしょうから被害はあまりないと思いますが、もしこれが高額ポイント案件だったらどうでしょう?

今や高額ポイント還元の案件の人気は非常に高く、一瞬で終了してしまうような状況。それが購入上限なしなんてことになったら即「祭り」と化すでしょう。

それが即時ポイント還元の商品ならともかく、ポイント反映までに数か月を要する商品の場合、3万円分購入したけれども一向に商品が来ないな~なんて思っているうちにそのお店が倒産しているかもしれません。

それでも、そのお店が一生懸命業績回復しようとしていたけれどやむなく倒産ということならまだしも、意図的に行われたらと思うとぞっとします。

まあポイントサイトさんの方で審査をしっかりしているでしょうから、考えすぎかもしれませんが。

  

合わせて読んでいただきたい記事

こちらはユーグレナがポイントサイトで大量にポイント還元していたので試しに信用売りしてみた記事です。
ちなみに今の株価は1,147円で、私が買い戻した時から更に200円以上下がっていますが、これが何によるものかは定かではありません。

高額還元といえば「みんなのクレジット」。ポイントサイトに掲載されているからといって安心ではないことはこうした事例を見ていただければわかっていただけるかと思います。

 

こちらに参加していますのでポチッと押していただけると嬉しいです。 

    にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ