虹の親の楽得ライフ

FP2級のにじ父と元保険会社社員のにじ母がマイルやポイントサイト、日常のお得なことなどを色々と探求・実践している様子を報告していくブログです

キッズウィーク創設は是か非か? 

f:id:nijihaha:20170604082522p:plain

にじ父です。

平成29年5月24日、安倍総理が官邸で第40回教育再生実行会議を開催しました。

第40回教育再生実行会議のポイント

会議では、学校・家庭・地域の役割分担と教育力の充実、子供たちの自己肯定感が低い現状を改善するための環境づくりについて討議が行われました。

冒頭の総理の挨拶では、第十次提言案について以下のような発言がありました。 

①家庭や地域の教育力を高めるためには、特に、大人が子供に向き合う時間を確保することが必要。このため、政府としては、地域ごとの学校休業日の分散化を図る『キッズウィーク(仮称)』などの取組を進めたい。

夏休みなどの一部を他の時期に移して月曜から金曜を休業日とすることで九連休にする。学校の休業日について、全国で一律ではなく地域の実情に合わせながら分散化する。

③ゴールデンウィークなどの時期に大渋滞で疲れ果て、料金も高く出費がかさみ、結果として出かけるのも嫌になるという負のサイクルを打ち破るためのチャレンジ。

④この取組は教育的な効果はもちろん、観光需要の平準化や地域活性化などに資する。実際に家族でスポーツをしたり自然の中で遊んだことが多かった人は自己肯定感が高いという調査結果もある。

⑤企業においても有給休暇の取得を促進するなど官民を挙げて働き方改革を更に進めていくことが大切

 

 

キッズウィークの問題点

政府主導のこうした取り組み。つい最近大コケしたプレミアムフライデーを彷彿とさせますし、いくつも問題はあると思います。

①子供が休み、大人はどうする?

子供が月~金に休みになったとしても、親がその時期に有給休暇を取れるとは限りません。夏休みなら学童が組まれているかもしれませんが、その間共働きやひとり親家庭はどうするのか?

②サービス業への無配慮

休暇が分散されてもサービス業は休めません。というよりも更にシフトが厳しくなります。

③対象年齢

どうやら小学校から高校のようですが、そうすると現在の我が家のように上の子が小学生で、下の子が幼稚園生(保育園生)の場合、結局下の子は理由なく休ませなければいけないのか。

④教育問題と観光施策・労働問題を融合させる違和感

学校・家庭・地域の役割分担と教育力の充実、子供たちの自己肯定感が低い現状を改善するための環境づくりのはずが、観光の平準化や年休取得など論点がすり替わっている。

 

キッズウィークへの期待

とはいえ、陸マイラー的にはキッズウィークへの期待も当然あります。


春休みの時期は私が決算等で忙しく休みが取りづらいこと、GWは旅行代金が高くなるし日程によっては子供の学校を休ませなくてはいけないこと、夏休み、冬休みは妻の実家へ帰省したり、子供の習い事などが入っていることなど、なかなか子供の長期休み中に海外旅行というのは難しいところです。

その点、キッズウィークができて有給取得さえ認められれば、特典航空券も取りやすくなるかもしれないし、ホテル代等も抑えられるかもしれないということでメリットも大きいです。(できればキッズウィークの時期を前年の早い時期に決定してもらいたいですね。)

 

子育て世代だけに向けた制度だと、それ以外の層からの反発もあるでしょうから、政府は安直に導入するのではなく、労働問題などをしっかり検討した上で、より良い仕組みを作ってもらいたいものです。 

 

 

 

こちらに参加していますのでポチッと押していただけると嬉しいです。