虹の親の楽得ライフ

FP2級のにじ父と元保険会社社員のにじ母がマイルやポイントサイト、日常のお得なことなどを色々と探求・実践している様子を報告していくブログです

来年夏休みの子連れ海外旅行についての検討① ベトナムのフーコックとマレーシアのクアラルンプールどっちに行こう?

f:id:nijihaha:20171001154242j:plain

まだ2017香港・マカオの旅行記も終わっていないんですが、早くも来年の夏休みをどうしようかということで頭が一杯です。

候補地①ベトナム・フーコック

実は「世界さまぁーリゾート」というさまぁーずの番組を見ていて、ベトナムのフーコック島に行きたいな~と思っていました。 

何でも海の透明度が高く、20㎞に及ぶ長い砂浜があり、サンセットも美しいということでベトナム最後の秘境と言われているそうです。

子供向けにはVinpearl Landというウォーターパークもあり、ウォータースライダーなどが充実しているのも魅力です。

ただ最近としまえんに行ったところ、うちの息子はウォータースライダーが苦手なようでした。(そういえば香港ディズニーでもビッグサンダーマウンテン的乗り物に乗るのを拒否していました。)

そもそも息子は泳ぎも得意じゃないし、それだとビーチリゾートに行く意味はないかな。

マリオットの「JWマリオット・フーコック・エメラルド・ベイ・リゾート&スパ」はオープンしたてで是非泊まってみたいという気持ちもあるんですけどね。ポイント宿泊も高くありませんし。

ただホーチミンに着いてからまた飛行機を乗り継がなくてはいけないのは面倒です。今回は香港での教訓を活かして最終日までゆっくりと過ごしたいなというのが本音。

ではホーチミンにするかなというところですが、すでに行ったこともあるし、ハノイを入れれば同じベトナムばかり3回というのもちょっとつまらなく感じました。

 

候補地②マレーシア・クアラルンプール

もう一か所の候補はマレーシア。

一般財団法人「ロングステイ財団」の「ロングステイ希望国・地域2016」では11年連続で1位になっています。長期滞在査証「マレーシア・マイ・セカンドホームプログラム(MM2H)」制度の充実や気候、治安、医療水準が評価されているそうです。

老後のマレーシア暮らしを目指して下見しておこうかと思ってというのは冗談で、今回マレーシアがいいなと思ったのは、香港旅行から帰って、そういえば大沢たかおさん主演の「深夜特急」のDVDがどこかにあったなと家の中を探していたところ、見つかったのが理由です。(一緒に文庫本も。)

f:id:nijihaha:20171001160223j:plain

この中で沢木さんは香港の後、タイに行って、鉄道でマレーシアへ南下していました。

今回香港に行ったし、タイにも2回ほど行ったことがある。そうしたらマレーシアに行くというのもありだなと考えました。

深夜特急ではペナン島が楽しかったようですが、前述のとおり息子がビーチリゾートを楽しめない恐れがあるので、ここは一つクアラルンプールをベースにして、マラッカで夕日を見るというのもありかもと思いました。

マラッカのセントポールの丘には、キリスト教布教の拠点となっていたセントポール教会跡があるそうで、屋根が朽ち果てていて、同じく前壁だけになったマカオのセントポール天主堂跡を思い起こさせます。

 

 

 

検討結果

この夏訪れたマカオはポルトガルの旧植民地で、日本との南蛮貿易との関係が深かったようですが、そのポルトガルが交易の拠点としていたのがマラッカ。
子供が今後世界史を勉強するにあたっても、実際に行ったことがあると、知識としても身につきやすいのではないかなと考えました。(ビーチリゾートだとあまり得るものはない気がして)

ということで、今回はマラッカを含めたクアラルンプールを第一候補にしたいと思います。

そうするとその次の旅行先はインドのゴア?ちょっとハードルは高いですが。でもその次に南アフリカの喜望峰を回って、最後にポルトガルに行くという大航海時代の逆ルートは何となくロマンがありますね。

 

クアラルンプールでの宿泊先

こちらはもう予想通りのマリオットゴールド特典を利用しての宿泊希望です。

クアラルンプールのこちらの4施設それぞれ1泊15,000マリオットリワードポイント(MP)で、5泊だと60,000MPです。(4泊ポイント宿泊すると5泊目無料のため)

f:id:nijihaha:20171001185601p:plainf:id:nijihaha:20171001190202p:plain

60,000MPといえば、SPGアメックスを紹介で発行して貰える17,000スターポイント(SP)とカードで30万円分を決済することで得られる3,000SPを合わせた20,000SPで交換できちゃうポイント数。

それだけで、5泊もできちゃうので、年会費33,480円(消費税込み)を払っても惜しくないですね。

この中なら、通常1泊720MYR(マレーシアリンギッド)=19,810円の料金がかかるJWマリオットホテル・クアラルンプールがよさそうです。 

我が家の場合は

ただ上記はあくまで2名1室の料金とポイント数です。

実際には添い寝の条件はまだ問い合わせていないのでわからないんですが、とりあえず今回は息子を含めた3名1室、娘は添い寝と考えて料金を見てみると、ポイント宿泊だと60,000MPに加えて、795MYR(21,178円)が必要になります。 

f:id:nijihaha:20171001200554p:plain

もしSPGアメックスを持っていなかったら

今回の我が家と同条件(マリオットゴールド会員資格に含まれるクラブラウンジ利用含む)で泊まる場合ですが、5泊分の料金は6304.35MYR(167,941円)が必要になります。

f:id:nijihaha:20171001202012p:plain

ということは、60,000MPは146,763円と等しいということになり、
1MP=2.44円、1SP=7.33円もの価値があることになります。

くどいですが、年会費33,480円で得られるポイントは17,000SPなので、1SP=1.96円で購入したと言い換えることができます。

結果1.96円で購入したポイントが7.33円で使用できることになり、3.7倍に価値があがったことになります。

更にゴールド会員特典で部屋のアップグレードまでしてもらえたら、価値はもっと上がることになります。

 

 

SPGアメックスって必要? 

今はSPGアメックスのおかげで、マリオットゴールド特典を受けられるのが嬉しくて仕方ありませんが、考え方は人それぞれだと思います。

現に我が家もGWのベトナム・ハノイ旅行ではただ寝るだけなんだから高いホテルに泊まる必要はないと思っていました。

実際SPGアメックスを発行したことで、マリオットやシェラトンに泊まるようになって、結果ホテルの単価が上がってしまっていて無駄なのかもしれません。

ただ、はじめて訪問する都市で、どのホテルにするか考えるとき、口コミを信じても実際はあまりパッとしなかったりといったこともままあることを考えると、マリオットやシェラトンというのは、ある程度水準がわかっていて安心できるのは子連れ旅にとっては大きいな~と感じました。

(それでも添い寝年齢によっては、追加料金が必要だったりして、両親と高学年のお子様2人だったりすると利用するのが厳しいかもしれません。)

 

もし、SPGアメックスは発行したいけど、お知り合いに紹介者がいらっしゃらないという場合は、こちらの「お問合せ」をクリックしていただき、下記の情報をお送りください。

  • お名前(ニックネームでも可)
  • メールアドレス
  • 件名(SPGアメックス紹介)

基本的に1日以内にご紹介用のURLを記載したメールを返信させていただきます。 

 

 

次回は航空券のチケットをマイルでとるか?スカイコインを利用するか?を検討したいと思います。

 

関連記事

 

 

 

こちらに参加していますのでポチッと押していただけると嬉しいです。 

    にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ