虹の親の楽得ライフ

FP2級のにじ父と元保険会社社員のにじ母がマイルやポイントサイト、日常のお得なことなどを色々と探求・実践している様子を報告していくブログです

初めての展示会で早くもラン活終了! 娘のランドセルは池田屋に決めました! 

f:id:nijihaha:20170524215715j:plain

先日、割と近くの会場で池田屋のランドセル展示会が行われるというので、中村鞄が第一候補の我が家でしたが、雰囲気を見るために行ってきました。ちなみに我が家は赤すぎるのはあまりという思いもあり、ワインレッドが第一希望でした。

 

池田屋ランドセルの特長

1 シンプルなデザイン

最近のランドセルというと、刺繍や飾りがたくさんあったりしますが、池田屋ランドセルはこの点ちょっと地味目です。

でもそれは成長により変わる子供の興味や好みに合わせて流行に左右されないようにとの思いと、刺繍が入ると防水機能や耐久性が落ちてしまうからとのこと。

その分、刺繍シールや反射シールで自由にアレンジを楽しめるようになっていて、飽きたらきれいに剥がせるそうです。

2 素材による機能・性能に差がないこと

通常のランドセルには以下の特徴があります。

牛革:強度に優れているが水に弱い
人工皮革:強度に劣るが軽量で水に強い

でも、池田屋のランドセルの構造や仕様は全モデル共通で、肩ベルト・背あて・カブセの裏などパーツごとに求められる機能に対して、最適な素材が考えられていて、違いは表面の素材が牛革か人工皮革かというだけだそうです。

牛革も人工皮革も防水力に優れた素材を使用していて、樹脂フレームに覆われた一体構造の本体内部には縫い目がなく、外からの浸水もシャットアウトするそうです。

ですので選ぶポイントは見た目や重さというところ。
見た目は牛革はツヤがあり、人工皮革のクラリーノはツヤを抑え、ベルバイオは牛革に近いツヤ感となっています。重さは人工皮革の方が約200g軽いです。

3 耐久性

修理に持ち込まれるランドセルを研究して、強化する弱点を発見したということです。

つぶれにくいフレーム一体構造や、大マチ部分の変形防止板、割れにくいナイロン樹脂パーツ、強度に優れた牛革ベルト、3本ステッチの肩ベルトなどで、耐久性を確保し、その上で6年間完全無料修理保証が付いています。

4 背負いやすさ

肩ベルトにはフィット感と強度に優れた牛革を採用して身体になじみやすくして、背カンも上下左右に自在に動き肩にベルトが食い込まずフィットするそうです。またわき腹やひじに当たると痛いバックルベルトをなくしてギボシベルトを採用しています。背中の丸みに合わせて背あてのクッションはカーブ形状となっています。 

5 収納力

最近はほとんどそうなっているかもしれませんが、A4フラットファイル対応です。教科書を入れる大マチ部分が業界最大クラスで、その上の小マチもベルト調整で伸縮します。

 

 

展示会の様子 

会場にはこのような表示が。 

f:id:nijihaha:20170521223754j:plain

f:id:nijihaha:20170521223755j:plain

テーブルの上にランドセルが一杯です。

f:id:nijihaha:20170521223757j:plain

男子のランドセルは黒基調で正直大差ない感じです。

f:id:nijihaha:20170521223803j:plain

それに引き換え、やっぱり女子のランドセルは色が可愛くて見ててウキウキします。

f:id:nijihaha:20170521223801j:plain

その中でいいなと思ったのがこちら。
アンティークワインです。

f:id:nijihaha:20170521223750j:plain

f:id:nijihaha:20170521223751j:plain

娘も気に入ったようです。

f:id:nijihaha:20170521223752j:plain

背負いやすいし、機能もしっかり。デザインも高学年になっても大丈夫そうということで、他のメーカーのランドセルを見ることなく、こちらを購入しました。

値段は55,080円。ランドセル配送時に代引き決済ということでした。

お店の方に聞いたところでは、池田屋のランドセルは数量限定ではなく、注文があれば製造するということで、届くのは遅くなっていくようですが、慌てなくても大丈夫ということでした。

 

ただ帰ってから楽天で同じ商品を見つけてちょっとがっくり。
値段は同じですが、キャンペーンを利用すればかなりの楽天ポイントが貰えそうでした。

 

もし池田屋ランドセルをご購入されるなら、展示会で実際に確かめてから、楽天で買うのがよさそうですよ。

 

これにて我が家のラン活は早くも終了したのでした。 

【番外編】ディズニーリゾートオリジナルランドセルについて

【速報】2018オオバランドセル展示販売会入場整理券のお申し込みは本日4月14日18時スタートです!

 

 

こちらに参加していますのでポチッと押していただけると嬉しいです。