虹の親の楽得ライフ

FP2級のにじ父と元保険会社社員のにじ母がマイルやポイントサイト、日常のお得なことなどを色々と探求・実践している様子を報告していくブログです

ランドセル戦線異状アリ もう次(2018年入学)のランドセル争奪戦は始まっている?

f:id:nijihaha:20170311223346p:plain

就活、婚活、妊活、保活と続く、〇〇活動。
次に来るのは何でしょう?
終活?いえいえ、それはまだ早すぎます。
答えは…タイトルに書いてあるのでわかっちゃいますよね。

そう「ラン活」ことランドセル活動です。
ランドセルを購入するのは子供が小学校に入学する前だけのことなので、意外なほど情報は出回っていないように感じますが、ここ数年でランドセルを巡る環境は大きく変わっています。
欲しいランドセルがあるなら早めに動くことも大事です。
4月にはじめて年長さんを抱えるパパママは特に要チェックですよ。

 

 

ランドセルの歴史

ランドセル工業会HPより

①起源は軍隊の背のう

ランドセルの発祥は 明治10年10月に開校した学習院で、当初から制服が採用されていたものの、通学は馬車で通ったり、使用人に荷物を預けたりと様々でした。

それに対して学習院は、「学校では皆平等、家庭環境を教育の場に持ち込むべきではない」、「学用品は自分の手でもってくるべき」ということで8年後の明治18年に、馬車や人力車での通学や使用人に荷物を預けることを禁止されたそうです。

その際に採用されたのが、背中に背負えて、両手をあけることができ、持ち運びやすかった軍隊用の背のうということです。
この背のうがオランダ語で「ランセル」と呼ばれていたことから、「ランドセル」という言葉が生まれたということです。

②箱型ランドセルの誕生

リュックサックに近い形の背のうが、しっかりとした箱型ランドセルに変わったのは、明治20年のこと。嘉仁親王(後の大正天皇)の学習院ご入学祝いに、伊藤博文が箱型の通学かばんを献上したのが、箱型ランドセルの始まりだとされているそうです。
素材が黒革に決定したのは3年後の明治23年で、明治30年には、細かい形や寸法(縦1尺1寸、横1尺5分、マチ幅2寸5分)などが統一されて、いわゆる「学習院型」が完成したそうで、以降100年以上経過しても基本的なスタイルはまったく変わっていないということです。

f:id:nijihaha:20170303235917j:plain

③現在のランドセル

「両肩に均等に負荷がかかるので、子どもの負担が軽減できる」、「両手が自由に使える」などの長所で、ランドセルは小学生用の通学かばんとして広く普及していきました。世界中を見渡しても、似たような背負式の通学かばんは、ほとんどありませんが、海外でも人気があるそうです。
ランドセルもかっこいい日本の文化「クールジャパン」のようです。

 

ランドセルの種類

①コードバン(馬革)

革の王様と呼ばれる馬の尻革「コードバン」は、お尻の部分からランドセルの蓋2枚くらいしか取れない貴重な革です。きめが細かくて、丈夫で、型くずれしにくいといいことだらけですね。ただ高いです。 

②牛革

丈夫さと風合いが魅力ですが、水に弱くてちょっと重いです。 

③人工皮革

軽くて防水力もありますが、強度がちょっと劣ります。

2017年入学用のランドセル戦線に何が起こったのか

土屋鞄製造所さんや鞄工房山本さんが特に人気だったようで、どちらのお店も来春入学用の小学生向けランドセルの注文受付を開始した初日に店舗やWebサイトに注文が殺到してつながりづらい状態になったそうです。
一部では夕方ごろやっとネットがつながった時には人気モデルはすでに完売となっていたということです。幼稚園の同じバス停のママも鞄工房山本さんを考えていたそうですが、欲しいモデルは買えなかったと言っていました。

総じて工房系のランドセルは人気が高い傾向があります。
これは手作りで生産数に限りがあることと、少子化で一人の子供にスポンサー(祖父母や親)の数が多く、高級化志向が進んでいることなどがあるようです。 

 

2018年入学組はどうすべき

もし人気の工房系のランドセルを買いたいなら、カタログを請求したり、新モデルが出ていなくてもお店に行って、ランドセルの特徴を見ておいた方がいいです。また販売方法の確認のため、サイトでの確認が重要です。今年は早くもこんな案内も出ています。 

鞄工房山本

大人気だった鞄工房山本さんでは、まず昨年の販売状況についての説明があり、

f:id:nijihaha:20170403233748p:plain

その後2018年度の注文方法についての説明となっています。今回は実店舗での販売、電話、メール、FAX、郵便での注文受付もやめ、webサイト限定での注文となるそうです。 

f:id:nijihaha:20170403233815p:plain

カタログ請求の受付開始は5月上旬、販売は6月上旬ということで、こまめにチェックする必要がありそうです。

f:id:nijihaha:20170403233938p:plain

販売前には可能なら販売サイトの事前登録をして、受け付け開始の時にはログインした状態で始める方が無難です。 

今後ランドセルのお話の続きや、習い事など、小学校低学年や幼稚園生にまつわる記事を書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

関連記事

【番外編】ディズニーリゾートオリジナルランドセルについて

【速報】2018オオバランドセル展示販売会入場整理券のお申し込みは本日4月14日18時スタートです!