虹の親の楽得ライフ

FP2級のにじ父と元保険会社社員のにじ母がマイルやポイントサイト、日常のお得なことなどを色々と探求・実践している様子を報告していくブログです

小2の息子は進研ゼミ小学講座を受講中 昔ながらの筆記と今どきのタブレット どちらを選ぶ?

f:id:nijihaha:20170409220108p:plain

我が家の長男(小2)は1年生の時から進研ゼミ小学講座で学んでいます。中学受験も特に考えていないため、自分のペースで家庭学習ができ、授業にも付いていけているようなので、我が家にはちょうどよい教材だったな~と思っています。

f:id:nijihaha:20170410231705j:plain f:id:nijihaha:20170410231717j:plain

進研ゼミ小学講座について

小学講座の特長

①通っている小学校の教科書に対応

子供の小学校の教科書に対応した教材が届けられるので、授業の進め方にあわせて予習や復習ができています。 

②個人別学習

メインテキストに加えて、習熟にあわせて難易度を選べるドリルや、単元ごとの学習に楽しみながら取り組める教材が届けられて、得意や苦手にあわせて取り組めます。

③学力診断

学期の終わりに、全国規模の学力テストがあり、学力を客観的に診断してもらえて、苦手を克服し、成績アップにつながります。

④サポート体制

得意・苦手にあわせて担任の赤ペン先生が月1回個別添削を指導してくれます。 また学習の取り組みかたや、具体的な問題についての質問などを電話で確認・相談できます。

 

学習スタイル

①オリジナルスタイル

昔ながらの、紙に書く学習スタイル。学校のテストは紙に鉛筆で書くんだから、書くことを身につけさせたいと、息子にはこちらを受講させています。

・「赤ペン先生の問題」が毎月あり、記述が苦手な子供向け
・体験教材が豊富で、自ら実体験をすることが好きな子供向け

②チャレンジタッチ

専用のタブレットで、動画や音も交えた授業展開が中心の学習スタイル。
何度も書き直しができたり、親が答え合わせをしないで済むところはいいですね。

・デジタルなので繰り返し学習でき、導入部分がアニメだったりするので、直感的に学ぶことが好きな子供向け
・「自動まるつけ」や書き方の「即時判定」などがあり、子供が自立して一人で学習を進められるので、忙しい共働き世帯向け
※一部非対応の教科書あり

③ハイブリッドスタイル

デジタルと紙テキストの両方の教材を使用する学習スタイル。いいところどりなんでしょうけど、ちょっと高いし、どっちつかずな気もします。

・デジタル授業で無理なく理解し、紙教材で「読んで・書いて」しっかり定着することで、効果的に力を伸ばしたい子供向け
※自分でiPadを準備する必要あり

f:id:nijihaha:20170410231822p:plain

受講料(小1・小2)

12ヶ月一括払いがお得です。

①オリジナルスタイル・チャレンジタッチ

毎月払い      3,343円/月(年額40,116円)
6か月分一括払い  3,014円/月(年額36,168円)
12か月分一括払い  2,705円/月(年額32,460円)

②ハイブリッドスタイル

毎月払い      3,637円/月(年額43,644円)
6か月分一括払い  3,279円/月(年額39,348円)
12か月分一括払い  2,943円/月(年額35,316円)

f:id:nijihaha:20170409225155p:plain

 

3つの安心の受講システム 

①入会金・退会金0円

余計な費用はかかりません。送料は受講料に含まれています。

f:id:nijihaha:20170410232531p:plain

②退会時の残金返金

2か月経過後なら、進研ゼミが合わなければいつでも退会できて、一括払いしていた場合でも、残金を精算して返金してくれます。

f:id:nijihaha:20170410232658p:plain

③支払いは教材到着後

先に教材が届くので安心です。f:id:nijihaha:20170410232919p:plain

 

最後に 

小学校低学年のお子さんの場合、いきなり塾に入れて勉強させるというのは難しいかもしれません。
とりあえず、毎日少しでも机に向かい、学習習慣を身につけるという意味では、進研ゼミなどの通信講座から始めるというのはいい選択肢だと思います。
塾よりも費用的にお得ですし、合わなければ2か月でやめても大丈夫なので、検討してみてはいかがでしょう。

f:id:nijihaha:20170410233202p:plain

 

 

こちらに参加していますのでポチッと押していただけると嬉しいです。