虹の親の楽得ライフ

FP2級のにじ父と元保険会社社員のにじ母がマイルやポイントサイト、日常のお得なことなどを色々と探求・実践している様子を報告していくブログです

今更ですが話題のクレジットカード「SPGアメックス」とは?子連れ家族の少しの実例とともに!


f:id:nijihaha:20170611005716p:plain

「日経TRENDY」2017年10月号のクレジットカード特集のゴールドカード部門で1位を獲得したスターウッド プリファード ゲスト® | アメリカン・エキスプレス®・カード、通称「SPGアメックス」。

f:id:nijihaha:20171118192139p:plain

このカードが1位を獲得した理由とは何なのでしょうか、一つずつ見ていきましょう。

 

 

SPGアメックスとは

スターウッド プリファード ゲスト® | アメリカン・エキスプレス(アメックス)のことです。

年会費3万3480円(消費税込)という、かなりハードルの高いカードですが、それに値するメリットは十分にあります。では具体的にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

SPGゴールド会員資格取得

スターウッドホテル&リゾートのSt. Regis®(セントレジス)、W®、Westin®(ウェスティン)、シェラトンを含む11ブランド(約100か国にある1,200以上のホテル&リゾート)を展開しているホテルグループで、通常なら「1年間10滞在以上、または25泊以上」しなければなれないSPGゴールド会員資格をカード発行だけで取得できます。

f:id:nijihaha:20171118184455p:plain

特典

①対象となるホテルの支払いで1米ドルにつき3スターポイント(SP)獲得
②チェックアウト時間の延長(16時まで)
③空室状況によりアップグレード
④ウェルカムギフト(ボーナスポイント、部屋での無料インターネット、ドリンク1杯サービスのいずれか) など

赤字が特にメリットの部分だと思います。

 

③については、我が家ではマカオで初めてSPGゴールド会員としてシェラトンに泊まりましたが、デラックスルームからエグゼクティブスイートへと驚きのアップグレードを受けました。実際には滞在時間が短すぎてメリットを享受し切れていないのですが…。

 

また①では、シェラトンマカオでの宿泊費74ドル分に対して、滞在ポイント148SP+ボーナスポイント74SPが、ウエルカムギフトとして250SP、そしてよくわかりませんがプロモーションで100SPが付与されました。

f:id:nijihaha:20171118210530p:plain

我が家はSummer Packageというプランで申し込んでいたんですが、親子4人での宿泊費部分は74USドルだったんですね。
これでスイートにアップグレードされたんだから驚くべきことです。

継続ボーナス1「無料宿泊」

カード継続の都度、世界各地のSPG参加ホテルおよびリゾート(カテゴリー1~6)で利用できる一泊一室(2名まで)の無料宿泊特典が貰えます。祝日や大規模なイベント開催期間中でも、スタンダードルームに空室がある限り利用できます。いわゆる「ブラックアウト(特典除外日)なし」というものです。

そうした時期にカテゴリー6のホテル(ウエスティンホテル東京など)に泊まれば、3万円の年会費だってすぐに回収出来てしまいます。 

継続ボーナス2「エリート会員資格取得用クレジット」

こちらもカード継続の都度、SPGから2滞在分の滞在実績と5泊分の宿泊実績がプレゼントされ、プラチナ会員資格取得がよりスピーディになりますが、プラチナ取得に必要なのは25滞在以上または50泊以上なので、一般人にはちょっと難しいです。

継続ボーナスは、2年目以降の年会費を指定の期日までに支払った場合に、年会費支払い後の1ヶ月半~2ヶ月を目処にプレゼントされます。
ないとは思いますが、年会費やカードの支払い遅延があった場合は、後から支払っても継続ボーナスは無効となるので注意が必要です。

 

マリオット及びリッツカールトンとのステータスマッチ

2016年9月に、マリオット・インターナショナルがスターウッドホテル&リゾートを買収したため、マリオットは、世界110か国以上に30のホテルブランド、5,700軒を超えるホテルを有する世界最大のホテルグループになりました。 

f:id:nijihaha:20171119220514j:plain 

f:id:nijihaha:20171118191404p:plain

これによりSPGとマリオット及びリッツ・カールトンのステータスマッチが可能となりました。

簡単に言うとSPGのゴールド会員であれば会員情報をリンクさせることで、マリオットやリッツカールトンのゴールド会員になれるということです。

マリオットのゴールド会員資格を取得するために通常必要な宿泊数は50泊。SPGのプラチナ会員の宿泊数と同じで、本来SPGゴールドならマリオットのシルバーへのマッチング程度が妥当です。

それなのに、買収先への配慮か、SPGゴールド会員にマリオットゴールド会員へのマッチングをさせてくれている、これこそがSPGアメックスを所有する最大のメリットと言えます。

わずか(あえて「わずか」と言いますが)3万3480円の年会費のクレジットカードを発行するだけで、マリオットのゴールド会員資格を取得できるのは本当に破格の待遇です。これがいつまで続くのか、システムが完全統合されたら終了してしまうのではないかというのが目下の焦点です。

マリオットの特典

①対象となるホテルの支払いで1米ドルにつき10マリオットリワードポイント(RP)+追加ボーナスポイント(25%)
②チェックアウト時間の延長(16時まで)
③空室状況によりアップグレード
④ラウンジの利用及び2名分の朝食

SPGと同じくレイトチェックアウトやアップグレードもメリットですが、なんといってもラウンジの利用と2名分の朝食(場合によっては添い寝の子供2名分まで)がありがたいです。

③と④については、香港スカイシティーマリオットホテルとJWマリオット・ホテル香港でそのポテンシャルの一端を垣間見ることができました。

①については、宿泊でこのようにリワードポイントが貰えました。
f:id:nijihaha:20171119153637p:plain 

スターポイントからマリオットリワードポイントへの移行

SPGのスターポイント(SP)とマリオットのリワードポイント(RP)は1:3の比率で移行することができます。

来夏のクアラルンプールではJWマリオットにポイントを利用して宿泊予定ですが、こちら1泊に必要なポイントは15,000RP。ということは5,000SP相当です。普通に料金で宿泊すると640マレーシアリンギット(MYR)で約17,327円です。1SP=3.46円という価値でポイントを使えます。

f:id:nijihaha:20171118230724p:plain f:id:nijihaha:20171118232007p:plain

 

一方SPG系列だと5,000SPピタリはないので、少し高い7,000SPで宿泊できるのはルメリディアンとウェスティン。ルメリディアンの方が料金は高いのに同じポイントで宿泊できるので、こちらで計算してみましょう。f:id:nijihaha:20171118230733p:plain

1泊408MYR(11,046円)が7,000SPですので、1SP=1.578円の価値です。

ということで、マリオットの方がより有効にポイントを使えることがわかります。マリオットだとこれに朝食無料とラウンジ利用が付くので更に差が広がります。

もちろんマリオット系列でも料金が安いのに同じ5,000SP(15,000RP)掛かるルネッサンスなどもあります。こちらだと1SP=1.586円とほぼSPGと同じになります。ただそれでもこちらには朝食無料とラウンジ利用が付くので、ことポイント宿泊については、やはりマリオット系列の方が有利と言えそうです。

f:id:nijihaha:20171118232635p:plain

 

スターポイントの獲得方法

①クレジットカード支払い

SPGアメックスでの支払いによりスターポイント(SP)を獲得することができます。100円の支払いで1SPを取得できます。

②購入

スターポイントは購入することもできます。
通常は1SP=0.035ドルですので、1ドル113円で換算すると1SP=3.95円ということで、これ以上の価値で使うことができないと損になってしまいます。

ただ先のクアラルンプールのJWマリオットですら1SP=3.46円なので購入するメリットはほとんどなく、通常期は少しポイントが足りないときに購入するくらいの利用になるかと思います。

ただSPGではたびたびキャンペーンを行っており、通常よりお得に購入することができる時期があります。

現在は2017年12月29日までの期間で、スターポイントを通常料金の35%割引で購入することができます(5,000SP以上購入の場合)。

f:id:nijihaha:20171119194713p:plain

この場合は、1SP=2.57円となり、まあ買えない額でもなくなります。f:id:nijihaha:20171119221901p:plain

 

以前はキャンペーンで50%割引なんてこともあったようですが、我が家が半年前にSPGアメックスを取得して以降は実施されていないです。

我が家では、ちょっと思うところがあって、前回と今回のキャンペーンで夫婦二人分、年間上限の30,000SPを購入しましたが、その話はまた後日。 
f:id:nijihaha:20171119154917p:plain f:id:nijihaha:20171119154919p:plain

f:id:nijihaha:20171119154920p:plain

 

 

スターポイントの使用

基本的な使い方としては以下の2通りがあります。

①ホテルへの無料宿泊

SPG、マリオット、リッツカールトンそれぞれのリワードでポイントを使用して宿泊することができます。必要なポイント数は、ブランド、ロケーション、タイプによっていくつかのカテゴリーに分けられていて、記載したポイント数はスタンダードルームのものです。

また、SPGのカテゴリー1・2以外はポイントで4泊すると5泊目は無料になります。 

 

・SPG

f:id:nijihaha:20171119215500j:plain

函館のフォーポイントバイシェラトンはカテゴリー2なので週末はわずか3,000SPで宿泊できてしまいます。

カテゴリー 必要SP カッコ内は週末
1 3,000(2,000)
2 4,000(3,000)
3 7,000
4 10,000
5 12,000~16,000
6 20,000~25,000
7 30,000~35,000

 

・ マリオット

f:id:nijihaha:20171119215512g:plain

これまで2回ポイント宿泊しています。
JWマリオットホテル・香港はカテゴリー9、軽井沢はカテゴリー7でした。

カテゴリー 必要RP SP換算
1 7,500 2,500
2 10,000 3,333
3 15,000 5,000
4 20,000 6,667
5 25,000 8,333
6 30,000 10,000
7 35,000 11,667
8 40,000 13,333
9 45,000 15,000

 

また来夏のJWマリオットホテル・クアラルンプールはカテゴリー3なので、5泊の予定ですが、4泊分の60,000RPで宿泊できます。

f:id:nijihaha:20171119210717p:plain

 

・リッツカールトン 

f:id:nijihaha:20171119215712p:plain

こちらはやはり高級なだけあってティア1から必要ポイントが多いです。

ティア 必要RP SP換算
1 30,000 10,000
2 40,000 13,333
3 50,000 16,667
4 60,000 20,000
5 70,000 23,333

 

②航空会社のマイルへの交換

通常のクレジットカードだとポイントはANAやJALへの移行に限られていたりしますが、SPGアメックスのスターポイントは35の航空会社のマイルに交換することができます。

しかもスターポイントからマイルへ交換する場合は、1回の手続きで移行する20,000SPごとに5,000SPが貰えます。

おそらく日本の方が使われる航空会社とは基本的にポイントとマイルは1:1で交換できるので、交換ポイント数を調整すれば、1.25%という高還元率でマイルに還元することができます。しかも交換手数料は発生しません。 

マイレージプログラム

移行比率(スターポイント:マイル)
エーゲ航空 1:1
アエロメヒコ航空クラブプレミア 1:1
アエロプラン/エアカナダ航空 1:1
エアベルリン 1:1
中国国際航空コンパニオン 1:1
ニュージーランド航空エアポインツ 65対1
アラスカ航空マイレージプラン 1:1
アリタリア航空ミッレミリア 1:1
ANAマイレージクラブ(全日空) 1:1
アメリカン航空AAdvantage 1:1
アジア・マイル 1:1
アシアナ航空 1:1
ブリティッシュ・エアウェイズ・エグゼクティブクラブ 1:1
中国東方航空 1:1
デルタ航空スカイマイル 1:1
エミレーツ・スカイワーズ 1:1
エティハド航空 1:1
フライング・ブルー 1:1
ゴル航空スマイルズ 2対1
海南航空 1:1
ハワイアン航空 1:1
イベリアプラス 1:1
日本航空(JAL)マイレージバンク 1:1
ジェットエアウェイズ 1:1
大韓航空 1:1
ラタム航空ラタムパス 1:1.5
アヴィアンカ航空のLifeMiles®(ライフマイル) 1:1
マイルズ&モア 1:1
カタール航空 1:1
サウジアラビア航空 1:1
シンガポール航空クリスフライヤー 1:1
タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス 1:1
ユナイテッド航空マイレージプラス 2対1
ヴァージンアトランティック航空フライングクラブ 1:1
ヴァージンオーストラリア 1:1

 

SPGアメックスの入会特典

このメリットの多いSPGアメックス。どのようなルートで発行するのか得なのか調べてみました

 

①通常の入会特典

「入会後3ヶ月以内にカードを合計10万円以上利用で10,000SPプレゼント」です。ポイントサイト等を経由しても1,000円分のポイントが付与される程度です。f:id:nijihaha:20171119221249p:plain

②既存会員からの紹介特典

通常の入会特典に加えて、7,000SPを追加で貰えるので、合計17,000SPになります。今のところこの既存会員からの紹介キャンペーンが一番お得な入会方法です。 

7,000SPだと、これだけでSPGのカテゴリー3のホテルに、マリオットならカテゴリー4のホテルに1泊できるポイント数です。ただ残念ながら国内にはこれらのカテゴリーのホテルはありません。

また入会で得られる17,000SPと10万円の利用で得られる1,000SPの合計18,000SPなら、東京マリオットホテルやザ・リッツカールトン大阪などにも泊まれてしまえます。時期を選べば年会費分もすぐ回収出来てしまうかもしれません。

③紹介について

SPGアメックス発行をお考えの方は、お知り合いにアメックスカードを所有されている方がいらっしゃる場合は、是非紹介プログラムを利用して紹介してもらってください。

もし、お知り合いにいらっしゃらない場合は、こちらの「お問合せ」をクリックしていただき、下記の情報をお送りください。

  • お名前(ニックネームでも可)
  • メールアドレス
  • 件名(SPGアメックス紹介)

旅行中等を除いて、基本的には1日以内にご紹介用のURLを記載したメールを返信させていただいています。

 

 

 

まとめ

年会費は高いけれど、メリットは大きいSPGアメックス。
色々とホテルの条件等を考えると、ご夫婦二人や未就学のお子様をお持ちのご家族が利用するのが一番有効なカードだと感じています。(このあたりはまた記事にしたいと思っています。)

初年度でも17,000SPが貰えるのでそれほど損はないですし、合わなければ1年経つ前に退会すればいいだけです。 気になった方はぜひとも発行してみてください。

 

こちらに参加していますのでポチッと押していただけると嬉しいです。 

    にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ