読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹の親の楽得ライフ

FP2級のにじ父と元保険会社社員のにじ母がマイルやポイントサイト、日常のお得なことなどを色々と探求・実践している様子を報告していくブログです

もうすぐバレンタインデー 小学生の息子にチョコは? バレンタインデーとホワイトデーの成り立ちを添えて

f:id:nijihaha:20170127232402p:plain

もうすぐ2月。バレンタインデーが間近ですね。
そんなことも知らない小学校1年の息子が同級生からチョコレートを貰って帰るのか、親の方が興味津々です。

スポンサーリンク

 

そんな訳で今回はバレンタインデーを掘り下げてみたいと思います。

バレンタインデーとは

バレンタイン司教

3世紀のローマでは皇帝クラウディウス2世によって、兵士の結婚が禁じられていました。というのも『愛する妻や子供を故郷に残した兵士がいると士気が下がるから』という理由だったそうです。
これに対して、キリスト教の司祭だったバレンタインは、結婚できず嘆き悲しむ兵士たちを憐れんで、密かに結婚式を挙げさせていたところ、皇帝にその噂が届き、怒った皇帝により改宗を迫られたものの従わずに処刑されたそうです。それが西暦270年の2月14日だったというのです。

f:id:nijihaha:20170127232429p:plain

ルぺルクス祭

それから200年後のローマでは毎年2月15日にルぺルクス祭というお祭りが開かれ、若い女性が自分の名前を書いた紙を箱の中に入れ、それを男性が引き、その二人で祭りを一緒に過ごし、結婚に至ることが多かったそうです。
しかし法王ゲラシウスはこの祭りによる風紀の乱れをおそれて、ルぺルクス祭を禁止して、代わりに前日の14日を恋人たちの守護聖人であるバレンタインの日としたとか。くじ引きを禁止された若者はくじの代わりに2月14日に想う相手に愛のメッセージを書いたカードを贈るようになり、その習慣がやがてヨーロッパに広まっていったそうです。

f:id:nijihaha:20170127232632j:plain

何でチョコを贈るようになったの?

1950年代にメリーチョコレートが伊勢丹で「バレンタインセール」を開催したのが初めだそうです。
そしていつの間にか、女性が好きな男性にチョコレートを贈って愛を告白する日として定着していったそうです。
宗教色ではなくキャンペーンに乗せられたというのが何とも日本的ですね。以前紹介した恵方巻と同じ感じです。

f:id:nijihaha:20170128000902p:plain

ではホワイドデーって何?

これは意外にも博多の伝統のお菓子屋さんである石村萬盛堂さんから始まったそうです。

昭和52年、現社長の石村さんがお菓子のヒントを探して少女雑誌を見ていたら、「バレンタインデーにお返しがないのは不公平。ハンカチやキャンディー、せめてマシュマロでも」とあったそうです。
ここで石村さんが「鶴乃子という博多銘菓をうまくマシュマロに応用できないか?」と考えたそうです。 

f:id:nijihaha:20170127234754p:plain

そして「バレンタインデーに君からもらったチョコレートを僕のやさしさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」というコンセプトで新しいお菓子が誕生しました。

f:id:nijihaha:20170128000230p:plain

そして女性社員を集めてマシュマロデーの候補日を絞りました。
①バレンタインデーを逆さにした4月12日
②バレンタインデーの1週間後の2月21日
③バレンタインデーの1ヶ月後の3月14日

ただ①は2か月も空いて間延びしてしまう、②はバレンタインデーに近すぎて忙しいということもあり、なかなか決まらず、福岡随一の百貨店「岩田屋(今の三越岩田屋)」に提案したら、③が一番暇だから決まりとなったそうです。

その後数年は泣かず飛ばずでしたが、百貨店から「バレンタインデーのお返しはマシュマロだけでなく、もっと広く文化として展開できないか」、「マシュマロの白からホワイトデーではどうか」と言われ、それからお菓子業界以外もこれに乗っかり、文化として定着したということです。

f:id:nijihaha:20170128000952p:plain 

調べていたら思いのほか、ホワイトデーの成り立ちが面白かったです。 

さてさて、バレンタインデーがますます楽しみになりました!

 

こちらに参加していますのでポチッと押していただけると嬉しいです。 

     

スポンサーリンク