虹の親の楽得ライフ

FP2級のにじ父と元保険会社社員のにじ母がマイルやポイントサイト、日常のお得なことなどを色々と探求・実践している様子を報告していくブログです

「2019年の4月30日と5月2日も休日とするよう所要の検討を進める」と安倍総理が発言。ゴールデンウィークの10連休はほぼ確定のようです。

f:id:nijihaha:20181012231215j:plain

以前から記事にしていました2019年のGWの件ですが、本日10月12日に安倍総理自身から発言があったので、どうやら10連休ということで確定のようです。

 

10月12日の安倍総理発言

10月12日に安倍総理を委員長とする「第1回天皇陛下の御退位及び皇太子殿下の御即位に伴う式典委員会」が開催されました。この中で安倍総理から「4月30日と5月2日も休日とするよう所要の検討を進める」という趣旨の発言がありました。

以下は首相官邸HPからの引用です。

 平成30年10月12日、安倍総理は、総理大臣官邸で第1回天皇陛下の御退位及び皇太子殿下の御即位に伴う式典委員会を開催しました。

 委員会では、これまでの決定事項及び今後の検討事項、天皇陛下御在位三十年記念式典の次第概要等及び立皇嗣(りっこうし)の礼の挙行日について議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「天皇陛下の御退位と皇太子殿下の御即位が同時に行われるのは、光格天皇から仁孝(にんこう)天皇への皇位の継承以来、約200年ぶり、憲政史上初めてのことであり、我が国の歴史にとって極めて重要な節目となります。関連する式典の準備に当たっては、このことに思いを致しながら天皇陛下の御退位と皇太子殿下の御即位を国民こぞって寿(ことほ)ぐことができるよう、政府として万全の準備を進めていかなければなりません。
 本日は、天皇陛下御在位三十年記念式典の次第概要を決定しました。心のこもったお祝いの式典とするため、今後更に詳細を検討してまいりたいと思います。立皇嗣の礼につきましては、立皇嗣宣明の儀と朝見の儀の挙行日を皇太子殿下が御即位された年の翌年、すなわち再来年の4月19日に決定しました。文仁(ふみひと)親王殿下が皇嗣となられたことをお祝いするにふさわしい時期を選ぶことができたと考えています。
 本日は、今後検討を進める上で大変参考となる意見が出されました。これらも踏まえ、次回以降引き続き、各式典について精力的に検討を進めてまいりますのでよろしくお願いいたします。
 なお、本委員会の付議事項ではありませんが、この機会に1点申し述べます。皇太子殿下の御即位に際し、国民の祝意を表するため、御即位の日である5月1日と即位礼正殿の儀が行われる10月22日について、来年限りの祝日とし、祝日に挟まれる4月30日と5月2日も休日の扱いとするよう、政府において所要の検討を進めることといたします。
 天皇陛下の御退位と皇太子殿下の御即位が国民の皆様の祝福の中でつつがなく行われるよう、引き続き政府を挙げて取り組んでまいります。」

 総理発言の動画はこちらにあります。 

 

 

2019年GWのカレンダー

天皇陛下は来年2019年4月30日に退位され、翌5月1日に皇太子殿下が即位されることになり、「即位の礼」の行われる5月1日が祝日となるか休日になるか検討が進められていました。

そしてどうやら5月1日は祝日となる方向で検討を進めるようで、祝日に挟まれた日は休日にすると祝日法で定められているため、4月30日と5月2日が休日となり、4月27日~5月6日の10連休が実現することが確実になってきました。 

こちらが当初の2019年のカレンダー。

前半3日、後半4日と分かれていて、子供の学校があるとこの日程は海外旅行にはきつい状況です。f:id:nijihaha:20171206212923p:plain

 

それが皇太子殿下の即位日が祝日になると、このようなカレンダーに。

f:id:nijihaha:20171206212825p:plain

我が家では10連休を信じて台湾への特典航空券をゲットし、ホテルもキープしていたのですが、学校を休ませてまで海外旅行という考えはなかったので、ちょっと心配していました。

できれば旅行の日程を1日延長したり、桃園空港ではなく松山空港の便に変更したいと毎日予約変更できないか確認していますが、キャンセルは出てきていません。10連休確定だとキャンセル発生は期待薄です。

 

ただ知り合いのサービス業の方からは10連休はうんざりだし、子供が休みになっても困るという声も聞こえてきます。

国民の祝意を表すからといって、祝日や休日が増えればみんなが嬉しいというものではないんだなと気づかされましたし、浮かれてこうした記事を書くことで、嫌な気分になる方もいらっしゃるかもしれないということもちゃんと考えなければいけないなと感じました。子供たちにも物事の捉え方は人それぞれ違うということも教えていかなければ。

 

 

関連記事