虹の親の楽得ライフ

FP2級のにじ父と元保険会社社員のにじ母がマイルやポイントサイト、日常のお得なことなどを色々と探求・実践している様子を報告していくブログです

2020夏はフィリピンのセブ島へ!フィリピン航空利用で1人あたり20,000マイル(+諸費用)で南の島へ!

f:id:nijihaha:20191014134318j:plain

ここ数年、夏は家族4人で国内旅行か海外旅行に出掛け、別途母子3人で帰省するスタイルでした。
ただ2019夏は祖母の新盆ということもあり、久しぶりに家族4人で岩手へ帰省しました。
そして来年2020夏は、やっぱり家族で海外旅行。行先はフィリピンのセブ島です。往復の特典航空券(直行便)も無事確保できました。

今回は備忘録も兼ねて、セブへの特典航空券の取り方、座席指定の方法について記事にしていきたいと思います。

 

セブ島に行きたくなった訳

「有吉ゼミ」というテレビ番組で、海外旅行の最安値ツアーを芸能人が試してみるというコーナーが時々あり、いつも楽しみに見ているんですが、2019年5月の番組で、藤田ニコルさん(にこるん)と平野ノラさんが、「2泊3日セブ島最安値ツアー」に参加していました。

その様子を見て、食事も安くて美味しそうだし、遊ぶところも多そうだな~ということで、セブに行きたくなったのでした。(治安が若干不安ですが…) 

セブ島への特典航空券

ANAのWebサイトで予約する場合

我が家がマイルを貯めているANAの特典航空券では、フィリピンは「アジア1」というカテゴリー(台湾・香港と同じ)で、夏休みのハイシーズンでもエコノミーならたった23,000マイルで往復できます。

f:id:nijihaha:20191012134643p:plain

f:id:nijihaha:20191012134707p:plain

f:id:nijihaha:20191012134724p:plainf:id:nijihaha:20191012134003p:plain 

残念ながらANAが属するスターアライアンスでは、東京・セブ間の直行便はなく、アシアナ航空利用で、東京からソウル経由でセブ島へというのが一番時間がかからない経路のようです。

この場合、家族4人で92,000マイル+諸費用ということになります。 

f:id:nijihaha:20191012142128p:plain

ただ、お昼過ぎに成田を出て、セブ到着が翌1時だったり、帰路は深夜2時出発など、子連れには厳しいし、到着日と出発日のホテル代が何となくもったいなく感じますね。ソウルに1日滞在するということも可能ですが、昨今の情勢では…という感じです。

 

ANAデスクへ電話でフィリピン航空を予約する場合

ANAのウェブサイトでは申し込みできない提携航空会社というものがあり、セブ島への直行便を運航するフィリピン航空もその一つです。
この場合、ANAマイレージクラブ・サービスセンターで電話で申し込みでき、発券手数料は無料となります。

f:id:nijihaha:20191014135227p:plain

f:id:nijihaha:20191014135231p:plain

ANAマイレージクラブ・サービスセンターの連絡先は以下のとおりです。

f:id:nijihaha:20191014140227p:plain

ANAカード会員ならこちらでも可能です。

f:id:nijihaha:20191014140302p:plain

我が家はこの方法で無事、2020年夏休みのセブ直行便を予約することができました。

f:id:nijihaha:20191012161204p:plain

直行便で初日も最終日も無駄なく利用できる行程です。

しかも必要マイルは1人20,000マイルということで、合計で12,000マイルも安く抑えられました。

f:id:nijihaha:20191012161112p:plain

フィリピン航空の予約開始日時

予約開始日時は355日前の9時です。

この時間に先ほどの連絡先に電話します。通常の特典航空券と同様、往路だけでなく復路の旅程まで確定させなければいけないのですが、復路の予約開始を待っていては往路の希望便がなくなるおそれがあります。
これを避けるためには、往路と復路を同日付でとりあえず押さえておいて、希望する復路の予約開始日に改めて変更をかけましょう。この場合も手数料は不要です。

フィリピン航空の座席指定

フィリピン航空の成田セブ便はエアバスA321-231で、通路を挟んで3席ずつの座席となっています。

f:id:nijihaha:20191014140918p:plain

このうち通路側の席は有料となるため、ANAでの電話予約時は指定することができません。このため無料である窓側と中央の席を選択することになります。親子4人だと上記のような前後席が一般的でしょうか。

さて、この座席を変更する場合ですが、フィリピン航空で行うことができます。ネットで検索すると電話で行う方法はでてきましたが、もっと簡単にできないかと、フィリピン航空のHPで色々試してみたところ、予約番号を使って座席指定と決済ができましたので、その方法をお知らせしたいと思います。

①フィリピン航空のHPへ

まずは下記のフィリピン航空のHPへ進みます。

②予約の確認

トップ画面の右下に有料事前座席指定とありますが、こちらに進むと英語表記でよくわからないので、左上部にある「予約管理」のタブを開き、ANAの国際線予約番号と姓(ローマ字)を入力して「進む」をクリックします。

f:id:nijihaha:20191014142337p:plain

③予約確認画面で座席指定

すると下記のような画面になります。

f:id:nijihaha:20191014142654p:plain

こちらで下の方に「フライト予約記録の管理」とあります。我が家は「マイレージ情報、連絡先情報を更新する」を先に入力して、その後「座席指定」を行いました。

f:id:nijihaha:20191014143152p:plain

f:id:nijihaha:20191014143607p:plain

2019年10月14日現在、21~23列、41列、61列は5,000円、その他通路側は1,000円と表示されています。我が家が予約したときは確か4,000円と800円だったと思うのですが、値上がりしたのかもしれません。
我が家はどの席が良いかはよくわかりませんが、隣がいなくて、家族が横並びになれる54列がよさそうかなと思い、とりあえず指定してあります。

④支払い

手続きを進めると「お支払い方法の選択」画面になります。支払いはクレジットカードで可能です。

f:id:nijihaha:20191014144419p:plain

途中、52,040円なんていう表示がでて焦りましたが、これは諸費用を含めたもの。

f:id:nijihaha:20191014144731p:plain

後日カードの明細ではちゃんと座席指定の費用だけが計上されていました。

f:id:nijihaha:20191014152912p:plain

 

ANAの予約画面にもしっかりと座席変更が反映されました。

f:id:nijihaha:20191014144543p:plain

 

まとめ

フィリピン航空のセブ直行便がANAのマイルで無事発券できました。しかも必要マイルはちょっとだけお得になって言うことなしです。
フィリピン航空に限らず、ベトナム航空でも同じように電話予約が可能(330日前から)ですので、ANAでは直行便のないダナンなどへ行くのも便利です。来年はそちらを狙ってみようかな。