虹の親の楽得ライフ

FP2級のにじ父と元保険会社社員のにじ母がマイルやポイントサイト、日常のお得なことなどを色々と探求・実践している様子を報告していくブログです

子連れクアラルンプール旅行記2018夏【両替編】 マレーシアリンギットへの両替はどこがお得?

f:id:nijihaha:20180816221223j:plain

2018年の夏休みは子連れ(小3息子・小1娘)でマレーシアのクアラルンプール(&マラッカ)に5泊6日の旅行に行ってきました。

今回は台湾に引き続いて両替事情についてご紹介したいと思います。

 

マレーシアの両替事情

マレーシアの通貨

マレーシアの通貨はリンギットで、RMと表記されます。

今は若干レートが下がっていますが、旅行期間中の終値を平均すると概ね1RM = 27.15円というところでした。

f:id:nijihaha:20180816222259p:plain

以後この旅行記ではこのレートを用いていきます。

ちなみに現地で暗算するときは、「30倍して1割引き」していました。

さて、今回の旅行ではこのリンギットへの交換を何か所かで実施しましたので、どこがお得だったかをお伝えしていきたいと思います。

日本での両替

まず日本国内での両替の場合です。

厳密にはこちらの写真は帰国後の羽田国際空港にある「みずほ銀行」のレート表を撮影したもので、利用はしていません。

上は「円⇒リンギット」への両替の場合です。1RM取得するのに31.57円かかることになります。
下は「リンギット⇒円」への両替の場合です。1リンギットは22.57円になります。9円の差があり、仲値(基準レート)は中間値の27.07円ということになります。

f:id:nijihaha:20180816223555j:plain

f:id:nijihaha:20180816223559j:plain

つまり日本では「10,000円 ⇒ 317RM」になり、基準レートから1,425円程(14.25%)が手数料で取られていると考えると簡単です。

このレートはかなり悪く、初めての海外旅行で、海外での両替は不安という方以外は国内での両替はお勧めしません。

早朝や深夜に到着しても、少なくとも現地空港での両替はできますのでそちらを利用しましょう。

 

クアラルンプール国際空港(KLIA)での両替

我が家は空港に早朝に到着しました。市内への移動のために現地通貨が必要だったので、空港内の両替所で両替をしました。

こちらはレートがわかりづらいですが、「100円が3.27RM」になることを表しています。先ほどの表記と合わせるには「1RM=100÷3.27=30.58円」となります。

    f:id:nijihaha:20180816225624j:plain

つまり1RMを取得するのに30.58円、「10,000円 ⇒ 327RM」ということで、日本国内で10,000円を交換するよりは10RM(約270円)安く両替できることになります。

ただこれでも手数料としては13%程取られていることになりますので、決してお得ではありません。

空港での両替は移動に必要な最低限にとどめておく方が無難です。

クアラルンプール市内(ブキッビンタン周辺)での両替

①パビリオンの両替所

我が家はクアラルンプール市内のブキッビンタンにあるJWマリオットに宿泊しました。

このホテルの道路を挟んだ対面にあるパビリオンというショッピングモールのレベル2にある両替所でのレートは「1RM=1÷0.0364=27.47円」、「10,000円 ⇒ 364RM」ということで、日本国内で10,000円を交換するよりは47RM(約1,276円)も安く交換することができます。

f:id:nijihaha:20180817214734j:plain  f:id:nijihaha:20180817214841j:plain  f:id:nijihaha:20180816231343j:plain

 

ちなみにパビリオンのレベル3の屋外にある両替所のレートは「1RM=1÷0.0355=28.17円」とちょっと低かったです。

f:id:nijihaha:20180817215506j:plain

f:id:nijihaha:20180817220801j:plain

 

②Lot10そばの両替所

JWクアラルンプールからブキッビンタン駅へ向かうと、伊勢丹が入っているLot10というビルがありますが、その手前側にある両替所でも両替をしました。こちらは「1RM=1000÷36.3=27.54円」とパビリオンよりほんのちょっとだけ高かったですが、立地などを考えると十分利用価値があると思います。

f:id:nijihaha:20180817215903j:plain

f:id:nijihaha:20180817215855j:plain

 

  f:id:nijihaha:20180816231429j:plain

 

ATMでのキャッシング

台湾ではATMでのキャッシングのレートが良かったのでマラッカへ行った際に利用してみましたが、「1RM = 28.62円」ということで、街の両替所よりも高かったです。

f:id:nijihaha:20180817221403j:plain

スキミングの被害等を考えると、無理してキャッシュカードを使用する必要はないかもしれません。

ちなみにマラッカのマコタパレードというショッピングモールにある両替所では「1RM = 27.93円」と割とよいレートで交換できました。

f:id:nijihaha:20180816231614j:plain

【番外編】TBSバスターミナルでのドル両替で失敗

マラッカへの長距離バスが出ている、クアラルンプールのTBSバスターミナルで、手持ちのリンギットがなくなりかけていたので、使うことなく財布にしまわれていたUSドルを、レートも確かめずに慌ててリンギットに交換しました。

レシートを確認してみると「79ドル = 237RM」となり、1ドル110円で換算すると「1RM =36.63円」という、ものすごく悪いレートになっていました。

f:id:nijihaha:20180816231948j:plain

市中だとドルの交換レートはもっと良いので、TBSバスターミナルでの両替は全般的にレートが悪いのかもしれません。ちゃんとレートを確認してから利用すればよかったです。

 

 

まとめ

おそらく空港やバスターミナルなど、替えざるを得ないところ(選択の余地のないところ)では足元を見られて、かなり悪いレートが提示されているように感じました。

マレーシア旅行の際には、日本国内での両替は行わず、空港でも必要最低限の両替をして、市内の両替所を活用することがよさそうです。