虹の親の楽得ライフ

FP2級のにじ父と元保険会社社員のにじ母がマイルやポイントサイト、日常のお得なことなどを色々と探求・実践している様子を報告していくブログです

【お年玉でIPO②】SBI証券の未成年口座開設から早1年 IPO(新規公開株)は当たった?獲得ポイントは?

今年のお正月も子供たちは両家の祖父母、叔父・伯父からお年玉をいただきました。
そのお金の活用方法をご紹介します。
※ちなみに我が家では、お年玉は他から貰うものという風に言い聞かせているので、親から子供へはお年玉はあげていません。

 

 

 

改めて銀行預金ではお金は増えないという現実

今年も子供たちと一緒に銀行のATMにお金を預けに行きました。
キャッシュカードは子供らしくミッキーとプーさんです。

f:id:nijihaha:20190125221611j:plain

一年ぶりの記帳ですが、二人ともかなりの残額になってきました。f:id:nijihaha:20190125221714j:plain

f:id:nijihaha:20190125221711j:plain

さてこのお金。普通預金口座に1年間預けた場合の利率は0.001%。
40万円預けた場合は4円です。貯金箱の替わりと割り切るしかない金額ですね。 

f:id:nijihaha:20190122224641p:plain

ということで、今年も銀行に預けたら即SBI証券に振り込みです。 

子供のお年玉はIPOでの運用がベスト

さて、我が家がSBI証券に子供のお年玉を振り込む理由は何かといえば、それはIPO(新規公開株)に申し込むためです。

子供たちの預金原資は、親族や友人から貰った大切なお祝い金やお年玉なので、親が勝手に運用して損を出すわけにはいきません。
昨年は仮想通貨にしてみようかなと考えてもいましたが、しなくて正解でした。いや~危なかったです。

そして昨年の今頃は、「日経平均が高値圏で推移しており、株や投資信託への投資は不安」と書いていましたが、実際にその通りになりました。

1月4日の始値が23,073円、12月28年の終値が20,014円ですので、1年間で約13%の値下がりです。

日付 始値 高値 安値 終値
2018年 23,073.73 24,448.07 18,948.58 20,014.77

この結果を見て、相場観があったのかというとそういう訳でもなく、単に丁半博打、2分の1の確率で当たっただけです。

ともかく、子供たちのお金は、このような博打でなく、値上がりが確実なIPO(新規公開株)に申し込んで、当選したら御の字というローリスクミドルリターン戦略が最善だと思っています。

今から10年程度のスパンで数回IPOに当選すれば、手持ちのお金は倍以上に増える可能性があります。

そして増えたお金は子供たちに渡して、金融リテラシーを身につけさせるためにも、子供たち自身で銘柄を選ばせて運用させたいなと思っています。

「IPO=SBI証券」

さてIPOで確実に当選するならSBI証券。

SBI証券にはIPOチャレンジポイントという、新規上場株式のブックビルディング後の抽選・配分に外れた回数に応じてポイントが加算され、次回以降のIPO申し込み時に、そのポイントを使用することでIPOが当選しやすくなる独自のポイントプログラムサービスがあります。

人気の高いIPOに当選するためには数百ポイント(現在は350ポイント程度)が必要となりますが、4~5年くらいチャレンジを続けていれば1回は当選の可能性があるはず。

その間にポイントなしで幸運にも当選することもないとは言えません。

それだけで銀行に預けておくよりもかなりメリットがあると言えます。 

SBI証券が2018年の1年間で取り扱ったIPOは以下の86銘柄でした。
このため基本的には今回の子供たちの預金のように40万円くらいあれば大体の銘柄に申し込むことができます。

上場月 銘柄 発行価格 市場
2月 Mマート 1,240円 東証マザーズ
2月 ジェイテックコーポレーション 2,250円 東証マザーズ
3月 SERIOホールディングス 1,780円 東証マザーズ
3月 神戸天然物化学 2,340円 東証マザーズ
3月 日総工産 3,250円 東証
3月 フェイスネットワーク 1,400円 東証マザーズ
3月 共和コーポレーション 1,590円 東証2部
3月 信和 1,150円 東証2部
3月 SOU 3,300円 東証マザーズ
3月 ファイバーゲート 1,050円 東証マザーズ
3月 キュービーネットホールディングス 2,250円 東証1部
3月 RPAホールディングス 3,570円 東証マザーズ
3月 アジャイルメディア・ネットワーク 3,000円 東証マザーズ
3月 和心 1,700円 東証マザーズ
3月 アズ企画設計 2,160円 JASDAQ
3月 日本リビング保証 1,760円 東証マザーズ
4月 ブティックス 1,350円 東証マザーズ
4月 ビープラッツ 2,200円 東証マザーズ
4月 ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス 1,170円 東証マザーズ
4月 コンヴァノ 930円 東証マザーズ
4月 HEROZ 4,500円 東証マザーズ
4月 アイペット損害保険 2,850円 東証マザーズ
4月 ベストワンドットコム 4,330円 東証マザーズ
4月 エヌリンクス 1,810円 JASDAQ
5月 ラクスル 1,500円 東証マザーズ
6月 メルカリ 3,000円 東証マザーズ
6月 ログリー 1,860円 東証マザーズ
6月 SIG 2,000円 JASDAQ
6月 ZUU 1,600円 東証マザーズ
6月 コーア商事ホールディングス 2,670円 東証2部
6月 ライトアップ 2,820円 東証マザーズ
6月 国際紙パルプ商事 344円 東証1部
6月 アイ・ピー・エス 3,900円 東証マザーズ
6月 プロパティデータバンク 1,780円 東証マザーズ
6月 エーアイ 1,000円 東証マザーズ
6月 スプリックス 2,400円 東証1部
7月 ロジザード 900円 東証マザーズ
7月 キャンディル 1,180円 東証マザーズ
7月 MTG 5,800円 東証マザーズ
7月 マネジメントソリューションズ 2,100円 東証マザーズ
7月 バンク・オブ・イノベーション 960円 東証マザーズ
7月 GA technologies 2,510円 東証マザーズ
7月 アクリート 770円 東証マザーズ
7月 エクスモーション 3,340円 東証マザーズ
7月 プロレド・パートナーズ 4,250円 東証マザーズ
8月 イボキン 1,930円 JASDAQ
8月 システムサポート 1,750円 東証マザーズ
8月 チームスピリット 1,200円 東証マザーズ
9月 ナルミヤ・インターナショナル 1,560円 東証2部
9月 and factory 2,570円 東証マザーズ
9月 マリオン 2,380円 JASDAQ
9月 アズーム 3,000円 東証マザーズ
9月 イーエムネットジャパン 3,000円 東証マザーズ
9月 アイリックコーポレーション 1,770円 東証マザーズ
9月 ブロードバンドセキュリティ 750円 JASDAQ
9月 SBIインシュアランスグループ 2,160円 東証マザーズ
9月 極東産機 405円 JASDAQ
9月 フロンティア・マネジメント 2,260円 東証マザーズ
9月 ワールド 2,900円 東証1部
10月 ブリッジインターナショナル 2,310円 東証マザーズ
10月 CRGホールディングス 1,120円 東証マザーズ
10月 Delta-Fly Pharma 4,770円 東証マザーズ
10月 イーソル 1,680円 東証マザーズ
10月 プリントネット 1,400円 JASDAQ
10月 ギフト 2,090円 東証マザーズ
10月 ディ・アイ・システム 1,280円 JASDAQ
10月 リーガル不動産 1,380円 東証マザーズ
10月 VALUENEX 1,840円 東証マザーズ
11月 アクセスグループ・ホールディングス 1,340円 JASDAQ
12月 霞ヶ関キャピタル 3,240円 東証マザーズ
12月 ピアラ 2,550円 東証マザーズ
12月 アルー 1,370円 東証マザーズ
12月 アルテリア・ネットワークス 1,250円 東証1部
12月 オーウエル 750円 東証2部
12月 FUJIジャパン 740円 札証アンビシャス
12月 ツクイスタッフ 2,630円 JASDAQ
12月 グッドライフカンパニー 1,600円 JASDAQ
12月 テクノスデータサイエンス・エンジニアリング 3,200円 東証マザーズ
12月 ソフトバンク 1,500円 東証1部
12月 AmidAホールディングス 1,460円 東証マザーズ
12月 Amazia 1,320円 東証マザーズ
12月 ポート 1,480円 東証マザーズ、福証Q-Board
12月 テノ.ホールディングス 1,920円 東証マザーズ、福証Q-Board
12月 自律制御システム研究所 3,400円 東証マザーズ
12月 ベルトラ 384円 東証マザーズ
12月 リンク 3,580円 東証マザーズ

このうちのいくつかは抽選日が一緒だったり、値上がりが見込めない株に当選してしまってポイントが付与されないこともあったりという状況でしたが、子供たちは1年間で106ポイントまで積み上げることができました。

f:id:nijihaha:20190123231248p:plain

抽選に外れるごとに1ポイント貰えるはずが、86銘柄に対して106ポイントも貰えているのは、昨年6月から7月にかけて下記の増額キャンペーンが行われていたからです。みんながポイント増額になったらあまり意味がないような気もしますが…。

f:id:nijihaha:20190125225529p:plain

f:id:nijihaha:20190125225533p:plain 

なお、チャレンジポイントを使わなくてもたまに当選することもありますが、得てしてそういう銘柄は人気がなく、値下がりする可能性が高いので、ネットで「IPO (銘柄名) 初値」などで検索してみて、下がる可能性が高そうなら迷わず購入を見送りましょう。有名なところではこんな銘柄です。

f:id:nijihaha:20190125233715p:plain

キャンセルしても特にペナルティーはありませんので大丈夫です。

 

SBI証券での未成年口座開設方法

SBI証券で未成年口座を開設するには条件があります。
それは親権者がSBI証券に証券総合口座を開設していること。  

というわけで、まず先に親がSBI証券の口座を開設してしまいましょう。

SBI証券|株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA

そして親の口座開設が完了したら、HPの右中段の「未成年口座開設」をクリックします。

f:id:nijihaha:20180107230350p:plain

その後は下記のような必要事項に記入をしていけば手続きは終わりです。

f:id:nijihaha:20180108000414p:plain

しばらく経つと口座開設申込書が届くので、手続きをしましょう。
その際にはマイナンバーカード(通知カードでも可)が必要となりますのでご留意ください。

 

まとめ

IPOチャレンジは早く申し込むほど、ポイントが貯まりますので、子供の教育資金についてお考えの方は、ぜひ未成年も含めた家族みんなでSBI証券の口座を開設されてはいかがでしょうか。

できれば今年中に当選のご報告ができればいいな~と思っています。