「中学受験予定なし・家庭学習のみ」の小5息子&小3娘が2020年6月の「日能研全国テスト」を自宅で受験した結果

f:id:nijihaha:20200712155714j:plain

2020年6月14日に小5の息子と、小3の娘が日能研の全国テストにチャレンジしました。

今回は新型コロナの影響もあり、会場の受験ではなく、自宅での受験を選択しました。

このため、二人とも国語・算数の2教科の受験となりました。

 

日能研とは 

小学生のための中学受験塾で、「中高6年間一貫教育というすばらしい「知の環境」に賛同し、これを目指す子どもたちとその親を合格へとみちびくことが、私たちの仕事です。」ということです。 現在全国に147教室あるそうです。
 「シカクいアタマをマルくする。」という電車内の広告になじみがある方も多いのではないでしょうか。

f:id:nijihaha:20170613001244p:plain

 

日能研全国テスト 

日能研全国テストは、日能研が小学2年生~5年生の児童を対象に全国で実施するテストです。
日能研では他に「学ぶチカラテスト」と銘打つものもありますが、調べた限りでは特に違いがありません。
参加費は無料で、国語・算数・総合の3科目(国算の2科目も可)を受験できます。

我が家では中学受験をさせるつもりはなく(というかできれば大学まで公立で行ってもらうと助かります)、とりあえず学校と家庭での学習主体の息子と娘が全国でどのくらいの立ち位置にいるのか分かればいいかなという軽い気持ちでの受験です。

新型コロナ禍での受験

今回は緊急事態宣言が解除されたとはいえ、依然として不安は残る環境ということもあり、教室ではなく、自宅での受験を選択しました。

受験方法は、日曜日以降に届く紙のテスト問題を解いて、送り返す方式でした。

なお、通常日能研のテストは翌日18時には「Nポータル」というWEBサイトで確認ができますが、今回は日能研に返送が届いた時期によって反映のタイミングが異なるというものでしたが、概ね1週間程度で反映されていました。

f:id:nijihaha:20181218223624p:plain

なお、こちらにログインするには、郵送されてくる受験票から切り離すあて名部分に書かれたパスワードが必須になりますので、なくさないようにしましょう。

f:id:nijihaha:20191213221605j:plain

一度、娘のパスワードをなくしてしまっていたので、その時は電話をして教えてもらいました。

Nポータルでは、生の答案を読みこんで丸付けをしてくれており、子供がどんな字を書いて、どこを埋められたのかということと、正答率も確認できます。 

小5息子の結果

さて、今回の小5息子の結果ですが、国語が2003人中822位、算数が2003人中475位、2教科で2003人中658位で、偏差値は54.0でした。

f:id:nijihaha:20200712161034p:plain

前回は1789人中で727位、偏差値は51.9でしたから、少し上がりましたが、今回は受験形態が特殊だったので、割り引いて考えないといけないかもしれません。
このテストは入塾テストを兼ねていますが、その基準は2教科合計で145点程度で、息子は187点だったのでクリアしていました。 

小3娘の結果

国語が4875人中1139位、算数が4875人中1541位、2教科で4875人中1230位で、偏差値の表示はありませんでした。

f:id:nijihaha:20200712161526p:plain

前回は国語が2912人中545位、算数が2912人中967位、2教科で2912人中718位だったので、ほとんど同じように位置にいる感じでしょうか。 

 

まとめ 

家庭学習(+そろばん)でとりあえず平均点以上はキープできているので、引き続き我が家はスマイルゼミと進研ゼミ(紙テキスト)の二刀流を続けていこうと思います。

 

関連記事 

 

www.nijihaha.net